文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

ごあいさつ (天久聖一)

(プレ創刊号のごあいさつはこちら) 文芸というとなにやら高尚に聞こえるけれど、つまりは文をつかった芸である。私にとって文芸は、芸術というより演芸に近い。高い理想を追うよりも、もっと身近な相手を想定したささやかな自己表現。 その芸は巧くなくて…

60,61/101(xissa)

叶わないまたねがポケットの中に/甘えていますが知らない猫です

キツネがはなし(七寒六温)

もう、この話を誰かにするのはやめようと思っていたけれど、やっぱり結婚するんなら話しておくべきだよね…… 僕は来月結婚を予定している。結婚とは僕が思うに、苗字以外にも様々なことを共有することだと思う。それは、知られたくないような性癖や過去の過ち…

シマウマはシマシマですか?(七寒六温)

ハテナハテナ大学のシキシマ教授のもとに1人の学生が質問にやって来た。 「ミスターシキシマ? 質問があります?」 「質問? 構わないよ」 「ありがとうございます。では遠慮なく……」「ミスターシキシマ、シマウマはシマシマですか?」 「はい。シマシマです…

バンドやろうぜ!そろそろ、ホントに(哲ロマ)

またコレだよ。なんでこうなる。この雰囲気。スタジオ入る前から予感はあった。あ、なんか今日ダメな日だなっていう予感。不機嫌?いや違う。全然普通。普通に集まって時間までタバコ吸ってコーヒー飲んでバカ言って時間来てスタジオ入った。いつも通り。週…

書き出し自選・義ん母の5作品 パート2(義ん母)

くのゐっちゃんよりバトンをいただきました義ん母です。 書き出し小説に投稿を始めたのは無職だった頃。ちょうど「無職」がテーマだった回に投稿したのがきっかけであります。以来おおよそ150回まで参加させていただきました。私にとって書き出し小説は青春…

シュレディンガーのエゴ(坂上田村麻呂の従兄弟)

「見つからない犯罪は犯罪じゃない」先輩はそう呟いた。もう夜の12時を回ろうとしているのに、先輩とぼくは2人で暴力団の事務所に侵入し、宝石を探している。「先輩、絶対やばいですって」「そう言いながら、お前だって金の欲しさに付いてきている」「これ…