文芸ヌー

生活に負担のないブンガクを。 文芸ヌー

ごあいさつ (天久聖一)

文芸というとなにやら高尚に聞こえるけれど、つまりは文をつかった芸である。私にとって文芸は、芸術というより演芸に近い。高い理想を追うよりも、もっと身近な相手を想定したささやかな自己表現。 その芸は巧くなくていい、磨かれてなくていい。どうにかこ…

20,21/101(xissa)

パチンコ店喫茶白ばら総菜屋の並び/アンティークといえばそうだが

私の答え (紀野珍)

「無人島に何かひとつだけ持っていけるとしたら、何を持っていく?」という設問があります。設問というと大袈裟ですね。ある種の心理テストや思考実験のようなもの、明け透けに言えば雑談のネタです。みなさんもこれまでに一度くらいは、したり、されたりし…

書き出し自選・ヘリコプターの5作品(ヘリコプター)

初めましてヘリコプターです。 ヘリコプターは全く好きではありませんが真顔で「ヘリコプターです」って言うのがアホらしくて好きなんだと思います。 書き出し小説は74回から参加してます。きっかけは第一弾の単行本をたまたま本屋で見つけ、何度もトイレ…

なぞを解く ホチキス編(哲ロマ)

謎はすぐに解けてしまう。検索してしまえばすぐに解けてしまう謎、だけど検索をしないまま、ただぼんやり謎のままにしてしまう謎、そういう謎がある。要は、まあいいか、と思える謎。朝起きたらなんか耳毛だけものすごくのびている!肩まで届く程に!そんな…

2018年9月のおしながき

文芸ヌー11号

呼吸 (紀野珍)

「池端?」「おう、高見じゃん。ひさしぶりー」 平日の昼下がり。近隣住民には抜け道としても利用される住宅街の公園で、かつて漫才コンビを組んでいたふたりの男が再会した。 晩秋の日差しは強く、遊具から遊具へと駆け回る子どもたちは、深い穴のように濃…