文芸ヌー

まもるべきものはなにもない。文芸ヌー。

ごあいさつ (天久聖一)

文芸というとなにやら高尚に聞こえるけれど、つまりは文をつかった芸である。私にとって文芸は、芸術というより演芸に近い。高い理想を追うよりも、もっと身近な相手を想定したささやかな自己表現。 その芸は巧くなくていい、磨かれてなくていい。どうにかこ…

消耗する地方の町内会関係(ボーフラ)

町内会の役員を辞められません 僕は9年前に、町内会から体育部をやるように言われ、「まあ町内会に参加して地域のコミュニティに属するのも良いだろう」と思い、引き受けました。やる気を出してしまい、なり手のいなかった「体育部の会計」に挙手をしてしま…

そして誰もいなくならない(井沢)

7月、西伊豆のとあるキャンプ場。 砂浜も岩場もある緑色の海 。C字型の湾にかかる崖はそのまま背後の山脈に繋がっている。私が犯人ならうっかり重要なヒントになる過去の話をしそうな景色だ。砂浜から一段上がれば横に広いテントサイト。 昼間はのんびり絵な…

グラビアポエム 第七回 (g-udon)

「いっ、きゅー、さーーーーん!」 「はーーーーい」(ダミ声で) 「あれっ?ホントに一休さんなの?」 「さよちゃん、声変わりじゃ。いつまでも子どものままじゃいられんのじゃよ」 「えーーっ。わたし、そんな声した一休さんイヤっ!」 「(髑髏を投げつけ…

私は吉田羊です。(伊勢崎おかめ)

始めまして。吉田羊です。本日はよろしくお願い致します。 そうなんです。今回、初めて恋愛映画に出させて頂きました。いつも気のきつい女性や、キャリアウーマンの役などが多いので、ちょっと戸惑いました(笑)。 え?私は吉田洋です。 今回、竹之外豊さん…

emotional #音楽 #ASKAのFellowsを、私が作ってみた

ASKAの… ASKAの「君が作詞作曲してみな」という企画が去年、ありまして、 「Fellows」という曲のインストを公開してくれて、それに作詞作曲を(歌メロと歌詞) を付け足して御覧という企画でした。もし良かったら聴いてみて下さい。 歌詞だけでも読んでー ★…

ずぶ濡れの武藤大樹 (紀野珍)

女は頬杖をついて窓の外を眺めていた。その横顔に表情らしい表情はなく、まるで洋式便器に座って便意の訪れを待つ精神科医のようだ。 夕刻のファミリーレストラン。大通りに面した窓際のテーブル席に、勇気と怯懦のように相対して腰をおろしてから、ふたりは…