文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

2015.9.12のごあいさつ

 

せっかくなので。

 

このたび「文芸ヌー」を立ち上げた理由を述べると、このひと言につきる。

 

書き出し小説の連載がDPZではじまって、早いものでもう三年が経つ。

その間にイベントや、単行本発売、さまざまな出来事があったけれど、なによりうれしいのはこの企画を通じて、書き出し作家のみなさんがお互いに交流を深めていることである。

言い出しっぺとしてこれ以上の幸せはない。

 

ところが三年経ったいまでも、公式な発表の場と言えば隔週の連載しかない。

せっかく、こんなに面白い人たちが集まったのに、

これではちょっともったいなくない?

せっかく、これだけ交流があるなら、もっと面白いことができるんじゃない?

 

そう、せっかくなので。理由はやはりそのひと言に尽きる。

 

ついでにせっかくなので、敢えて告白させてもらうなら、そこにはちょっとした個人的理由もある。

それは正直「こんな面白いヤツらなら、搾ればもっとなにか出てくるんじゃないか」という、私個人としての「欲」だ。

これからまた新しい遊びをはじめるにあたって、みなさんとは常にフェアでありたい。フェアであるために、敢えて黒い欲もここに記しておく。

 

さて、では具体的に「文芸ヌー」でなにをはじめるか?

 

それはまだ決まっていない。いまから考える。

 

そもそも「ヌー」という名前も「ヌーっと現れるなにか」という無責任な意味しかない。

ただ冠に「文芸」とつけたのには、多少の期待がある。

文芸などというと堅苦しいけれど、私たちの出会いは書き出し小説という素人文芸にあった。

ならばその素人芸の可能性をさらに探ることで、またなにか面白いことができるのではないだろうか。

背負う責任がないこと、守るルールがないこと、それが私たちにとって一番の強みだ。

 

各自が発案した新しい芸を披露するもよし、コーナーをつくって募集するもよし。

ただ普段思ってることをエッセイにしたい。前から考えている小説を発表したいでも全然オッケー。

原則として「ヌー」は書き出し小説を母体とする、テキストを中心としたみなさんの交流の場にしたい。

 

とりあえずは書き出し作家の常連諸君には、なにかしら執筆賜りたいと思っています。

もちろん僕も書きます。

 

今回の発刊にあたり、素敵なロゴは大伴くんが、管理はxissaさんが引き受けてくれました。感謝!

 

それでは「ヌー」はじまります。

 

天久聖一

 

 

 

 

執筆者募集 

 

そういうわけで現時点ではまだ空っぽの器に盛る作品を募集しています。

まずは書き出し小説の身内から、と考えておりますので、このプレ創刊号は連絡の取れる常連さんにのみ発行しております。

もしなにか書きたいこと、やってみたいことがあればご連絡ください。

いまのところアイデアだけで結構です。

基本、没はありません。技術的に掲載可能なものならすべて載せるつもりです。

また申し訳ありませんが、執筆にギャランティは発生しません。

こちらも収益を目的としない趣味の活動ですので、執筆、継続、休止などはすべてみなさんの自由意志です。もちろん作品の権利は執筆者に帰属します。

以上、ご理解のうえふるって参加お待ちしております。