文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

やさしいいいとも(葱山紫蘇子)

 

「タモさん、お久しぶりです。」

「久しぶりだね〜。髪切った?」

「あ、はい。だいぶ前にですけど。」

「それ、流行ってるよね〜、なんだっけ?インナーカラー?」

「はい。チェリーレッドを入れてみたんです。」

「いいねー、似合ってるよ。(客席に向かって)ねえ!」

(客席 まばらな返答「かわいいー」「似合ってる」「まあまあ」)

「まあまあ!?」

(客席 笑い声)

「いやいや、似合ってるよ、似合ってる。」

「あはは、ありがとうございます。(客席に向かって)タモさんは、いつもどこかを褒めてくれるんですよ。優しいの。」

(客席 「へー」)

「そう言うことは言わなくてよろしい。」

「あ、照れてます?照れてますよねー。かわいいー。」

「大人をからかうんじゃありません。」

「私も大人ですよ。子ども2人いるし。」

(客席 どよめき「えー!」「見えない!」)

「お子さん達は元気?幾つになったんだっけ?」

「下の子がやっと、今年小学校で。」

「そうだったそうだった。どう小学校は?」

「やー、もう、上靴洗うのが大変で、上の子の分と2足になったんで、毎週毎週、嫌になりますよ。私、家事の中でも靴洗いが一番嫌いなんです!」

(客席 笑い声)

「へー、大変だあねー。毎回買って捨てるわけにもいかないしねー。」

「そうなんですよ。」

「ハウスキーパーとか頼まないの?」

「やー、そんな余裕あるわけないですよー。」

「子どもに自分で洗わせないの?」

「んー、上の子はもうそろそろ、自分で洗って欲しいんですけどねー。でも、なんか、うちの子達の上靴、いつもすっごく汚れて帰って来るんですよー。」

(客席 笑い声)

「私が洗っても汚れが落ちなくて大変なのに、子どもが洗うともっと大変だろうなーって、それはそれで私もストレスになりそうで……。」

「あー、なるほどね。確かに。」

「お風呂掃除とか、他のお手伝いはやってくれてるし。まあ、これくらいはいいかなって思って……。」

「ふーん。」

「甘いですかねー?」

「や、いいんじゃないの?(客席に向かって)ねえ?」

(客席 「優しいー!」「いいよー」「いいともー」)

「えへへ、ありがとうございます。」

「……一旦CMでーす。」

(ジングルカットイン)

 

 

高齢者施設の日当たりの良い個室。引き戸が開き職員が二人入ってくる。

「こんにちはー。あ、眠っておられましたか?いま、おむつ交換しますねー。」

「先輩、これ、どこに置けばいいっすか?」

「タンスの上。それ置いたら陰洗ボトル持ってベッドの足元の方に立って。」

「おいっす。」

「あれー?今日、なんかすっごくニコニコされてますねー?なにか楽しいことでもありました?」

「……い、いー……。」

「痛いところは無いですかー?」

「……あ、あのね、わ、わたし……。」

「ちょっと、待ってくださいね……はい、はい、終わりました。どうされました?」

「わ、わたし、いま、わか、わかく、わかくなってね……。」

「へー、それはいいですねー。(後輩に向かって)それ、新聞紙で包んで。」

「わ、わたし、いま、わか、わかくなってね、いいともに……いいともに、でてた……のよ。」

「そうなんですねー。それは良かったですねー。それじゃあまた来ますねー。失礼しまーす。」

 

 

「先輩、いいともってなんすか?」

「私もよく知らないんだけど、そう言うテレビ番組が、昔にあったらしいよ。」

「あの方、芸能人だったんすか?」

「いや、専業主婦だったと思うけど。よっぽど好きだったんじゃないの?」

「へー。……いいともって素人でも出れたんすかね?」

「知らない。あ、記録に、『機嫌よし』って書き足しといて。」