文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

What's your pet's name? (七寒六温)

友人がペットとして動物を飼い始めた。
自慢したいなんて言うから写真を見せてもらうことになった。

 

「どれどれ? 可愛いのか?」

 

「ほらこれっ。ウチの猫ちゃん。可愛いだろ~この寝てる写真とか最高だろ……」

 

「……」

 

「どうした? まさか可愛くないとか言うんじゃねーだろうな!ウチの猫ちゃんのこと」

 

「……」

 

「何だよ、文句あるのか?」

「俺の猫ちゃんに何か文句でもあるんか?」

 

「……」


「いや犬やん。猫ちゃうし、犬やん!」
友人から見せられた写真に映っていたのはポメラニアン。猫ではない、ポメラニアンは犬だ。ボケにしてはしょうもないわ。

ツッコむのもめんどくさかったが、おそらくこのツッコミを待ってたんだろう。ツッコむまでこれ 終わらないような気がした。

 

「いやいやいや違うって、何言ってんの?この子は猫だから」

 

「は? だから、犬やんって。そのボケいつまでやんねん!」

 

「は? ボケてないわ!」
「何度も言ってるやろ。だからこの子は猫ちゃんやって。お前こそ耳、どうなってんねん!」

 

「……」
「お前が見せてくれたのポメラニアンやろ?」

 

「そうやわ。ポメラニアンやけど……」

 

「は? だからポメラニアンは犬だろって、
ポメラニアンは犬の品種であって猫の品種ではありません。お前 犬 知らんのか?」

 

「知ってるは知ってる。柴犬から柴をとったものそれが犬や!」
「お前こそさっきからしつこいなー。話俺が言った話理解できてるか?」
「だから、名前が猫なの。分かるか?」

 

「……は?」
「 待て待て待て……」
「お前はポメラニアンに猫って名前付けてるわけ?」

 

「そうだよ。だから、何度もそう言ってるだろ?」

 

「いやいやいやいや、犬に猫って名前付けてんじゃねーよ!」

 

「は? 何でだよ?」
「猫って可愛らしい名前じゃねーか!」

 

「猫、既にいる。猫って既にいるんだよ」

 

「は? いたら名前付けたらいけねーのかよ? じゃあさ、1人の人がポチって名前付けたらそれ以降の人は、ポチって名前付けたらいけねーわけ?」

 

「違う違う。そういうことを言ってるんじゃなくてな。犬には犬、猫には猫に適した名前ってのがあるわけ」
「わかりやすく説明すると、お前がやってるのは、『ごぼう天うどん』ってメニューに書いて置きながら、実際には『塩ラーメン』を出しているようなもんやで」

 

「ごぼう天うどんを頼んで、塩ラーメンが出てきたらどうする?」


「それは値段による。仮にごぼう天うどんと同じ値段で塩ラーメンが食べられるとするならばそれは得だと思うからそこは黙っておく」

 

「値段は違う。塩ラーメンの方が少しばかり高い。だからお前は思ってた以上にお金を払うはめになる。それならどう思う?」

 

「さ、詐欺だ……それは立派な詐欺だ」

 

「そうだな。それと同じことをお前はやってるんだよ」
「猫飼ってるんです~って言われると、こちらは猫だと構えるわけよ。それで犬を見せられてもリアクションしづらい」
「『あれっ? この人大丈夫?』とか『私が変な物が見えてるのかな? どう見てもポメラニアンにしか見えないんだけど』なんてことになって、純粋に可愛いって感想が言えないわけよ」

 

「そうなのか……」
「だけどさ、 もう既に猫って名前に決めたって何人かに話したし、SNSで報告もしたんだ。今から変更するわけにはいかねーだろ?」

 

「待って、まだ間に合う可能性はある。猫って名前にしたって報告したのはいつ?」

 

「いつって……?」

「朝起きてすぐだから3時間前くらいだけど」

 

「……セーフ。ギリギリセーフ」
「3時間ならまだ間に合う。1度ペットに名前をつけたとしても、『やっぱり他の名前にしました~』っていうのは、12時間以内なら許される!そう僕の好きな女優が言ってた」

 

「何だそれ? そんな理由でいいのかよ?」

 

「いいんだよ。大丈夫、彼女は顔で売ってる女優じゃなくて演技を武器にしてるタイプの女優だから信用できる」

 

「分かった、分かったよ……仮に、猫ちゃんを改名するとして、お前だったら名前はなんてつけるわけ?」 
「文句言ってくるくらいだから、それ相応の名前、考えているんだろうな?」

 

「……う~ん?」
「まあ~チビとかどうだ?」
「見た感じ小さくて可愛らしかったからチビなんていいんじゃないか?」

 

「チビ、小さくて可愛らしいからチビって付けたってことね……悪くはない」
「だが、半年後チビは、チュウって名前に変えないといけないな」

 

「は? 何でだよ?」
「チビって決めたんならチビのままでいいだろ?」

 

「ダメだろ? チビは半年後にはきっと大きくなる。そしたらチビは小さくて可愛いの『小さくて』の部分がなくなってるから、適した名前って点をクリアしていない」


 
「あぁ~? それはいいんだよ。あくまで名前を付けた時点でチビって要素があれば、チビって付けてもOKです!」

 

「よくないだろ!」 
「その半年後、さらに大きくなったら、『中くらい』すら適しなくなるからデカだな」

 

「屁理屈! かなりの屁理屈!」
「まあ分かったよ、分かった。じゃあチビはやめていい!」

「仮にってことで出しただけだからチビ以外にすればいい!チビって名前は忘れて……それで解決」

 

「謝ってくださ~~い」

 

「は? 何を?」

 

「それ相応の名前を考えていなかった件について、しっかりと謝罪をしてください」

 

「何でだよ!」 

 

「悪いことをしたら謝る。そう教えられなかったか~?」

 

「はいはい、すみませんでした」

 

「もっと……感情込めて!」

 

「本当に申し訳ございませんでした」

 

「いいよ許す。それに今ので決めた。新しい名前決めたから」

 

「名前 決まった? まじで? 何にするの?」

 

「コウジ」
「俺にとって大切な人の名前だから、そんな名前を付けさせてもらった」

 

「いや、俺の名前!」
「だけど、理由が素敵だから許す……」

 

「え? 俺の好きな俳優の名前だけど?」
「コウジさんは顔で売ってる俳優じゃなくて演技を武器にしてるタイプの俳優だから」

 

「いや、俺じゃないんかーい!」