文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

シマウマはシマシマですか?(七寒六温)

ハテナハテナ大学のシキシマ教授のもとに1人の学生が質問にやって来た。

「ミスターシキシマ? 質問があります?」

「質問? 構わないよ」

 

「ありがとうございます。では遠慮なく……」
「ミスターシキシマ、シマウマはシマシマですか?」

 

「はい。シマシマです。」


「なるほど。では、シマシマはシマウマですか?」


「いいえ違います。例えば、シマリス。シマリスを思い浮かべて下さい」


「シマリス?」


「シマリスもシマシマだけど、シマウマではありません」


「なるほど。シマリスはシマシマではあるが、シマウマではないのですね」
「では、シキシマは何故シマシマですか?」


「ええ、シキシマは、今ボーダーを着ているので、シマシマです。ですが、このボーダーを脱げばシキシマはシマシマではなくなります」

 

「なるほど。シキシマはボーダーの時に限りシマウマになるのですね」

 

「いいえ、違いますよ。シキシマはシマシマにはなれますが、シマウマにはなれません」

 

「シマウマではない、シマシマ。分かりました」

「では、シマウマはボーダーを着ますか?」

 

「いいえ、シマウマはボーダーを着ません。何故ならシマウマサイズのボーダーがないからです」

 

「すみません。あと1つ、質問をいいですか?」

 

「どうぞ……」

 

「シマウマは日本ダービーに出られますか?」

 

「残念ながらシマウマは競走馬ではないので日本ダービーには出られません」
「ですが、もしシマウマが日本ダービーに出るのなら、1着は間違いないでしょう」

 

「1着? どうしてシマウマが1着なのですか? それはシマシマだからですか?」

 

「いいえ。シマシマは関係ありません。シマウマは走るのが得意だから1着にはなれるのですよ」

 

「なるほど。シマウマは走るのが得意なのですね」

 

「ええ。人間とは比べ物にはなりませんよ」

 

「では、シキシマは走るのは得意ですか?」

 

「いいえ。シキシマは走るのが苦手です」

 

「なるほど。シキシマは走るのが苦手なボーダーを着ている。シマウマは走るのが得意なボーダーを着ていないやつ。これであっていますか?」

 

「ええ。その解釈で大体あっています。ただ、シキシマはボーダーを着ないこともあるのでシマシマではないことがあります」


「シマウマはシマシマじゃないことはありますか?」


「いえ。ありません。シマウマはシマシマです」


「シマウマはシマシマ?」


「シマウマはシマシマ。シマシマだからシマウマなのです。分かりましたか?」


「ありがとうございます。ええ、よく分かりました。ミスターシキシマ」


「いえいえどういたしまして……」
学生は満足そうに帰っていった。