文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

3円 (にかしど)

(まえがき)

『バスガイドは本日も、名前を申し遅れようと決めている。』

僕が勝手におもうバスガイドの生態。バスガイドはよく「申し遅れました、わたくしバスガイドの○○でございます」という常套句を、右手の景色を見せた後に口にする。何年間も同じ業務を繰り返しているにもかかわらず、決まって申し遅れるのだ。もうそれは申し遅れようと心に決めている、としか考えられない。なぜ申し遅れるかはわからない。退屈な時間が多くなったこの頃、この疑問が頭をもたげている。

「申し遅れました」ではなく「申し遅らせました」にしたらいい。「本日もあえて、あえて申し遅らせました、バスガイドの○○でございます。」でもいい。

申し遅れました、わたくし、書き手のにかしどでございます。この度、三行で終わる小説、『三行小説〜3円〜』を書かせていただきました。隙間時間にぜひ。 

 

〜3円〜

 

『シェフ』

「クソ、玉ねぎって目に染みんなあ!」

野菜の声が聴こえるというシェフが、涙する。

刻んでいるのはニンジンだ。 

 


『裁判』

くすぐられるような鼓笛のビート。

くすぐられるような鼓笛のビート。

でっかい「敗訴」の字。

 


『じゃんけん』

「それチョキ?」

「チョキ」

チョキだった。

 


『おじちゃんとねこちゃん』

おじちゃんとねこちゃんは仲良しだ。

ねこちゃんがはらっぱのお花を匂うとおじちゃんもまねをする。

ある日、ねこちゃんのまねをしたおじちゃんが、偉い人たちにつれていかれた。

 


『昼休み』

「勝った方が正義ってわけか」

「あぁ」

ドッジボールの線が伸びていく。

 


『ラスボス』

ラスボスが現れた。

ラスボスが斧を振り下ろす。

ふわりシャンプーの香りが鼻をかすめた。

 


『間』

ストリートミュージシャンと聴衆の間を通り過ぎていく。

占い師と水晶の間を通り過ぎていく。

茶道家と器の間を通り過ぎていく。

 


『議論』

「足の裏のホクロ」は付いているのか。

「足の裏のホクロ」は踏まれているのか。

3次会が決定した。

 


『踊る』

「踊った?」

「まだ」

「踊るとき教えて」

 


『透明人間』

透明人間になった。

警備員の横に並んで立っている。

定時それぞれの方向へ帰っていく。

 


『永久歯誤発送』  

歯茎の中で完璧な永久歯が造形された。

「もう少し右!ちょい奥!そこ!はい、オッケー!」

見事な親知らずが半年後、突き抜ける。

 


『はないちもんめ』

名前を呼ばれることなく、はないちもんめが終わった。

俺は、齋藤。

難しい字だもんな。

 


『紹介』

数珠を勧められた。

布団を勧められ。

なかなか風邪が治らなかったのでいい医者を紹介してもらった。

 


『余生』

老後。

(中略)

老後。

 


『稽古』

すりガラス越しの揺らめく肌色。

濡れた肌の弾み散る音。

のこった!のこった!

 

 

『待ち合わせ』

何も特徴のない場所で人々は待ち合わせをしている。

最も派手な長身がどこかへ歩きはじめた。

人々の大移動が始まった。

 


『晴天』

バケツをひっくり返したような晴天。

ヒヒィーン。

鶏を絞めるとヤギが鳴いた。

 


『100円』

100円落とした。

近道なんてありゃしない、人生はまわり道ばかりだ。

100円拾った。

 

 

にかしど