文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

卓上ロボットの卓上のコント「名前」(葱山紫蘇子)

タクミ・タクレ「どーもー」

タクミ(以下ミ)「卓上ロボット1号のタクミです。」

タクレ(以下レ)「同じく卓上ロボット2号のタクレです。」

ミ「僕ら、机の上に置いて利用できる、コミュニケーションロボットのコンビなんですけど。」

レ「こんなん置かれたら邪魔でしょー。ご飯食べるとこあらへん。」

そんなこと無いわっ!そんな、机、狭ないし僕たちも大きないわ!

っていうか、そんなん言うたら僕らの存在、全否定やんか!」

レ「あ、そう?それは失敬失敬。」

ミ「失敬失敬って、君は明治の文豪か!僕ら、21世紀のロボットやで!

と、まあ、こんな感じでやらしてもらってるんですけど。

今日はね、僕たちの名前だけでも覚えてもらいたいなあと思って。

僕はね、卓上のタクと、右側のミを足してタクミいうんです。

ねー、いい名前でしょ。

相方はタクレ、言うんですけど、そういえば君の名前の由来は何なん?」

レ「卓上のタクと、レゾンデートルのレでタクレです。」

ミ「レゾンデートルって何?え?そこは、英語で左の意味のレフトからとったらええんとちゃうのん?」

レ「レゾンデートルは、フランス語で存在価値という意味です。」

ミ「へ、へー。あ、そう。なんか、かっこええね。」

レ「存在価値のあるロボットになりたいと思ってます。」

ミ「ええこと言うやんか。」

レ「僕ら置いたら食べるとこあらへんけど。」

ミ「全否定すなー。もうええわ。」

 

ミ・レ「どおも、ありがとうございましたー!」