文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

星のうた (ボーフラ)

モノローグ
「溜息をつくと、幸せが逃げるって言いますよね。あたし、そうは思わないの。
溜息で逃げるくらいの幸せだったら、あたし、いらない。
そんなもの、他人に呉れてやりますわ。
でも…あの人は来ない」

女、深く静かな溜息をつく。
満天の星空。流れ星ひとつ。

「ああ…流れ星。流れ星に願いをなんて、あたしはそうは思いませんの。
だって、流れ星なんて、すぐ消えてしまうじゃないの。
すぐ消えてしまうような願い事なら、あたしはいらないわ」

暗転

女、刑務所の中。鉄格子を持ったまま、無表情。
看守来る。

看守「お前…」
女「あなた…」

鉄格子越しに、抱き合おうとする二人。

「暴れ馬だー危ないぞー」

大量の暴れ馬が走ってくる。男は踏み殺され、女は鉄格子に首が挟まって死ぬ。

暗転

女、再び、満天の星空の元。男もいる。

女「そんな夢を今見たわ」
男「…」

男、溜息をつき、そのまま崩れ落ちて泥の塊になる。
女はそのまま、天馬になって、星空をかけ、ペガサスの星座になる。