文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

それ!俺の面白いやつ! (吉田髑髏)

「あ~、ここがポパイに載っていたシティーボーイになれる店か。メンズのガウチョパンツまだあるかな、入ってみよう」
扉を開ける

タッタッタッタッ!
「ゲロッパ!ゲローッパ!」
ジェームス・ブラウンが登場。
Sex Machineを熱唱。

間奏中に倒れるジェームス・ブラウン
音楽も止まる。
「ちょっ、ちょっと大丈夫ですか?ねぇ!ねぇって!ちょっと誰かっ!誰か来て!!」

店の扉が開く。
汗だくのポールマッカートニー登場。
ポールマッカートニー「ちょっと!それ俺の面白いやつ!」

ふらつきながら起き上がるジェームス・ブラウン

タッタッタッタッ
ジェームス・ブラウン「ゲロッパ!ゲローパッ!」
ポールマッカートニー「ダメだこりゃ」