文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

海 (ボーフラ)

海。砂浜、波打ち際。桃が漂着する。それを見た老夫婦、桃を割ってみようと思う。
一抱えもある桃。尋常ではない。でも割ろうと思う。

桃太郎を知っているからだ。

老夫婦を見つけた、息子夫婦。桃を見つけて驚く。老夫婦に詰め寄る。
自分たちがいるのに、桃から生まれる子供を手に入れようというのか。
僕たちを廃嫡する気か。この期に及んで養子縁組か。

桃がパカーと割れる。中には、何もない。
老夫婦、息子夫婦、桃の中身を観察する。中身はスカスカの痩せた桃。
少し食べてみる。あまり甘くない。

甘くないね。
そう、人生のように、甘くないよ。

カット高所から。海鳥、その甘くない桃に群がる。
みゃあ。みゃあみゃあ。みゃあみゃあ。
老夫婦、息子夫婦、仲良く。水平線には夕陽が落ちる。