文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

そんなオファーは受けない(井沢)

「いらっしゃいませ。お客様は何個ラスケイジですか?」

「はい?」

「失礼しました。お客様は何ラスケイジですか?」

「ニコ…ラスケイジですけど。」

語尾を濁らすケイジ

「ありがとうございます。ツーラスケイジ入りまーす。」

「え、あの、ちょっと。」

「番号札もってお待ち下さーい。」

聞かない店員

「ラスケイジって何の単位だ?日本特有のやつか。いかがパイとかいう、あれか。」

と漏らすケイジ

(挿入)雑なイメージ

「お客様、外国の方ですか?当店ラスケイジ専門でやっておりまして、こちら看板ラスケイジご案内させていただいております。」

「ラスケイジ専門。」

「はい。ラスケイジ。」

指差す店員

「まいったな。」

見落とすケイジ

「お先2個ラスケイジのお客様お待たせいたしましたあ!」

「あ、はい僕です。」

札出し提示

「嘘、あれニコラスケイジじゃない?」

ばれ出すケイジ

「ありがとうございました。」

にこやか店員

着席ケイジ。
包みを開けると見事なラスケイジだった。
派手なコーティングはなく一見して無骨だが、ほかほかのラスケイジは一口頬張っただけで香りが鼻孔を衝く。上質な材料を使っているのだろう。少し物足りないくらいの大きさもちょうどいい。思わず目凝らすケイジ。

「美味いなこれ。店員さん、もう2個ラスケイジ!」

「やっぱり、あれニコラスケイジだよ!」

人がステージ
に乗らぬように
ー暗転ー