文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

puzzzle

ストロングゼロ(puzzzle)

昔、飛び降り自殺って地面に近づくほど体感時間が指数関数的に伸びて、アスファルトと額すれすれの時間が永遠につづくのではないだろうかと思っていた。 案の定、目の前にはアスファルトがある。俺は腕を組んで唇をとがらせる。俺の解釈する世界は全てが凍て…

落ちる(puzzzle)

こんなところで足を滑らせたらそりゃ誰だって落ちる。足を振り上げて尻から落ちる。頭が重いからすぐに真っ逆さま。散々尻が大きいと笑われてきたけれど、ほら見なさい。でも、尻が重いと言われてきたわけではない。大きくて軽いからすぐに逆さまになるのか…

フレーズ(puzzzle)

「湿った黒い鼻が犬らしさであるように、後肢の関節の向きが牛らしさであるように、僕は君のことを」 その先の言葉がどうしても出てこなかった。 「あれは足根関節と言って、四肢動物において私たちの足首に相当する部分なの」 君は大抵のことを知っていた。…

おとどけ(puzzzle)

世界中が吹き飛ぶほどの大きなくしゃみをしてから鼻水を啜り上げる。「全世帯に中央銀行券を二枚ずつ配布します」 電波塔を見下ろし、誰もがその声に首を傾げた。「ナニ券だって?」 女房は長男に問いかける。長男は長女に、長女は次女に、次女は爺さんに。…

何故かウィンク(puzzzle)

突然の休校要請に喜んでいたけれど、平日になれば家で1人きり。ゲームばかりやっていても直ぐに飽きた。土日だってゲーム漬けだったから。人混みに行かなければいいのだろうと、俺はサッカーボールを持って家を出る。あすなろ公園に着けば、同じように暇を…

人魚を釣り上げる(puzzzle)

今までに感じたことのない強い引きに、俺は立ち上がって大きく竿をしならせた。こんな小さな街を縫う用水路に生息するとは思えない某が大きく水面を揺らす。竿を放さなければこっちが引きずり込まれそうだ。釣りキチ魂はそれを許さない。某を一度泳がせ、再…

Gorilla gorilla(puzzzle)

イケメンスギルとうっとりする少女。イケメンスギルと指をさして笑うカップル。俺にはヒートン(♂)という名前があるはずだが、いつしかイケメンスギルと呼ぶモノが増えた。頭にだけ豊かな毛を生やし、柵の向こうから弛んだ顔を見せるモノたち。マンテル(♀…

一緒に入ろう(puzzzle)

「おっさん On The Corner」なんて愉快なロックナンバーがあってさ。口を閉じてハミングするには難しい。俺は湯船に浸かって小声でスキャット。 ランチキルカルカ ランチキルカルカ ランチキルカルカ ラン♪ ランチキルカルカ ランチキルカルカ ロンリーおっ…

中村似の男(puzzzle)

中村俊輔が743日ぶりにゴールを決めた。特にサッカーファンというわけではない。所詮J2の試合だからネットでしか騒がれない。それでも俺はタイムラインに流れてきたそのニュースをクリックしていた。 「2年以上もシュート決めてなかったんだ」 モニタ…

ト凸凹芋(puzzzle)

アパートから線路を越えた側のスーパーマーケット、そこで売っているホタテの掻き揚げが好きだった。休日でなければまず足を運ばない。私は自動ドアを抜けると迷わずお総菜コーナーへ向かう。タマネギに包まれたホタテをカウントして、天ぷらパックを手にと…