文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

大伴

書き出し自選・大伴の5作品 パート2(大伴)

大伴と申します。「書き出し自選」まさかの2度目のチャンスをいただき、本当に助かります。 自分は第3回〜第159回までとそこそこ長く参加していましたが、もはやけっこうなブランクがあります。自分の過去の作品を見返すこともなかったので、今回は逆にちょ…

太陽系ドラフト会議 (大伴)

宇宙空間に円卓が並んでいる。 (司会の声、徐々にボリュームアップ)司会:「…第一巡選択希望選手、水星。 菊池雄星。花巻東高校。」司会:「第一巡選択希望選手、火星。菊池雄星。花巻東高校。」司会:「第一巡選択希望選手、海王星。 菊池雄星。花巻東高…

ソファの隙間 (大伴)

どこかの家。ソファに、ものすごく毛深い男が座っている。 毛深い男: 「ソファの隙間って、手をつっこみたくなるよね。」 (男、ソファの隙間に手をつっこむ) ---舞台暗転、場面が「反対側の世界」に切り替わる。--- どこかの一家のリビング。ソファの隙間…

井筒監督 (大伴)

先月の話。近所の焼き鳥屋にひとりで入店。カウンター席に案内されると、左5メートルほど離れた席に先客がいた。男はすでに酔っ払っている雰囲気で、カウンター内の店長と会話に花を咲かせていた。僕はそちらを直視することはなかったが、その特徴的なダミ声…

タメ口 (大伴)

世の中の店員さんを観察していると、2つのタイプが存在することに気が付きます。それは「子供にタメ口を使うタイプ」と「子供相手でも敬語でやり通すタイプ」です。前者は客が子供だと判断すると「ちょっとまってねー」「ありがとねー」といった調子でフラン…

私からの相談 (大伴)

公衆トイレにはエアータオルというものがあります。 風で手の水分を吹っ飛ばすあの装置です。完璧に乾かすにはかなりの時間を要するので、混雑時には順番待ちができてしまい、かといって自力で乾燥を促進するのも難しく、背後からチクチクと突き刺さる視線に…

今日(大伴)

メトロは朝から真っ暗だ。車窓にぶらぶらと揺れる手首が明るみに溶け、高速で過ぎゆく人々がやがてゆっくりと止まる。ターザンロープの軌跡で人の頭にぶつからぬよう、俺は笹舟を浮かべるかのごとくそっと吊革をはなした。LEDライトで冷たく染まったホームに…

書き出し自選・大伴の5作品(大伴)

書き出し小説の作家が自身のオススメ作品を紹介する「書き出し自選」。第三回のご指名をいただきました大伴(おおとも)と申します。偶然にも第三回つながりになるのですが、自分はデイリーポータルZの書き出し小説には第三回から参加しております。このたび…