文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

七寒六温

What's your pet's name? (七寒六温)

友人がペットとして動物を飼い始めた。自慢したいなんて言うから写真を見せてもらうことになった。 「どれどれ? 可愛いのか?」 「ほらこれっ。ウチの猫ちゃん。可愛いだろ~この寝てる写真とか最高だろ……」 「……」 「どうした? まさか可愛くないとか言う…

キツネがはなし(七寒六温)

もう、この話を誰かにするのはやめようと思っていたけれど、やっぱり結婚するんなら話しておくべきだよね…… 僕は来月結婚を予定している。結婚とは僕が思うに、苗字以外にも様々なことを共有することだと思う。それは、知られたくないような性癖や過去の過ち…

シマウマはシマシマですか?(七寒六温)

ハテナハテナ大学のシキシマ教授のもとに1人の学生が質問にやって来た。 「ミスターシキシマ? 質問があります?」 「質問? 構わないよ」 「ありがとうございます。では遠慮なく……」「ミスターシキシマ、シマウマはシマシマですか?」 「はい。シマシマです…

死神・笹岡 量二 (七寒六温)

人生に疲れ、もう死んでもいいかななんて思って屋上に来た。多分 ここから飛べはさすがに死ぬんではなかろうか……だが今日は死にに来たわけではなく、ただの下見。まだ最後の晩餐も決めてないし、どうせ死ぬならラストチャンスとして買った宝くじの結果発表も…

この町から明太マヨが消えたなら (七寒六温)

「例えばだけどさ、コンビニに行って自分のお目当てのおにぎりが売り切れていたとする。その場合 どうする?」 わざわざ電話してきたと思えば、こんなくだらない話。親友の大石はこういうどうでもいい質問をするためにわざわざ電話してくる。 このおにぎりの…