文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

学級会の歌の思ひ出(ボーフラ)

 

ワタシが小学生だった頃、それは昭和の時代でした、クラスの朝の会でしょうか、「学級会の歌」というのを歌っておりました。聞いたところによると、クラスメイトの誰それちゃん、ワタシは親しくなかったのでよく知らないのですが、その子のお兄さんが作った曲だそうです。思えば牧歌的な時代でしたね。


筆不精なワタシが今、こうやって手記を記しているのは、他でもありません、これを会社の日報に書くのは不適当と承知した上で書いています、ワタシはある婦人雑誌の、読者モデルになったのです、そうです、ワタシは今43歳でございますが、それなりの、妙齢の読者を対象とした婦人雑誌の読者モデルになったのでした、休日モデルです。でも、話の本筋はそれでもございません。自慢と受け取られましたら、本当に、すみません。ワタシはADHDではございません。


…そう、それは、一週間前の事になりましょう。ワタシが、行きつけのコンビニエンス・ストアに、いつものようにお昼のお弁当を買いに行った時の事でした。駅前でよく見る、乞食をコンビニの中で見たのでした。乞食というのは、一種、妙な存在感を放っています。その乞食が、無料の求人雑誌を手に取って、頁を捲っているのです。そして熱心にそれを読もうとしているのですが。


その眼付が、その眼差しが、あの俳優にそっくりだったのです。あの俳優ですよ、ああ、出てきません、名前が、でも、ここまで言えばわかると思うので、調べはしませんが、よくテレビで観る噺家にそっくりの有名な俳優です。よく見ればその乞食は良い男のようにワタシには思えました。奇しくも、コンビニの中には、嵐のデビュー曲、「A・RA・SHI」が流れていました。ワタシの直感は当たるのですが、この乞食こそが、6人目のメンバーだったのではないかと。


都市伝説に聞いた、あの伝説のアイドル・グループの、6人目のメンバーではなかったのではないかと。ワタシの言う事が嘘だと思うのであれば、そう、三番街の不動産屋の裏路地を入った、占い屋にいらっしゃい。


聖夜前後の占いは、24円、割引致します。



蓬莱寺エンジェル美千子(天女,聖女,土曜日の奇蹟)

占ひ館 幸せは日傘の下に