文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

台所刑事(ゆふ)

クリアなスープと違い、チゲはアクも一緒に煮込む事で旨味が増す。

グツグツと煮えたぎる赤い汁を見ているうちに確信を持ち。携帯を手に取った。

 

「道明寺、被害者の子ども達の保育園を調べて。」

「深田さん、今何時だと思ってんすか!」

「朝の4時よ。チゲが出来たわ。」

「保育園てなんなんすか。」

「確か妻は全員働いていたわ。すぐ調べて。」

 

携帯を切って、ガスの火を止める。

1分クッキングの収録に行く前に仮眠を取ろうと横たわったが、上手く眠られなかった。

と、携帯が鳴る。道明寺だ。

 

「ふ、深田さん!ほ、保育園、全員同じ‼︎

「だと思ったわ。道明寺、犯人はママ友よ。

保育園では、異文化業種の女が集まって、得意な分野を持ち寄るの。確か妻たちは整形外科医、お掃除代行サービス、弁当屋だったわね。チゲのような旨味が。死体全体がいつまでも出てこない理由、分かる?」

「ウ、オエッ!」

「そういうことよ。じゃあ後は宜しく。」

 

内科医、DJ、広告代理店。

一見何の関連も無いように見えた男たちの連続殺人事件は、私の推理によって、あっさりと幕を降ろした。

さあ、シャワーを浴びて収録に行かねば。

 

私の名は深田恭子。

1分クッキングの先生であり、

またの名を、台所刑事。