文芸ヌー

まもるべきものはなにもない。文芸ヌー。

にちようび(TOKUNAGA)

美しい女の実家の焼き飯を想像するのが好きだ。

日曜の朝の特撮は、ベータ録画の澄み切った青空に丁度レイヤーの構造で、僅かばかりの曇りを乗算し、だいたい82年頃と見当がついたわけです。ズボンがやたら青い少女が、やたら灰色のコンクリートの道路を歩いておりまして、花鳥風月なナレーションが甲高く、海苔のCMかと勘違いしたのでありますが、ともかくわたくしは、色彩に目がいくもので、茶色のとっくりセーターの首もとがチクチクしないものかと、そればかりが気がかりでありました。

赤色と緑 に狂気を感じまして、だいたいそれらは、合成着色料の駄菓子と大差ありませんので、プラスチックかFRPか良く分からないのですが、とにかく画面の中でツルツルと日光(らしきもの)を照らし返す濃いパステルカラーの曲面を見ると、今日が8丁目子供会の公園大掃除だったなと、せかされる様な気持ちになるのです。暗い部屋で2日目のライスカレーばかり食べている友人達にはやく逢いたいのです。彼らは、自然を受け入れ、また容赦なくズボンを履き替える人種なのであります。

最終的な決着を弁証法でやろうと、靴下とズボンを3枚づつ持って来るような連中でありますから、玄関に光が射すまで、天井の節で物語を紡ぐ様な体の弱い人間とは言い難いのですが、何か欲望に忠実でありまして、それをどう証明するのかと人に問われれば、100円を貰ってマルキョウで山菜おこわを買っていたと言う他ないのであります。山菜地鶏です。