文芸ヌー

生活に負担のないブンガクを。 文芸ヌー

32歳童貞からのラブレター (正夢の三人目)

皆さん、はじめまして。正夢の3人目と申します。
人は自己紹介の時、自分の事を説明するカードを切っていくものだと思います。
話の食いつきがいいカード、鉄板のエピソードがあるカード、自分が大切にしている物のカード。
僕は手持ちのカードが多い方ではありません。
ですがこういった場ですので、その中でも一番強いカードを切らせて頂きます。

自分は現在32歳の男ですが、童貞です。

女性を知りません。
「何故童貞?」と聞かれても困ってしまいます。「何故人間?」と聞かれているのと一緒です。
そうなのだから、そうなのです。


そんな僕が、今回はラブレターを書いてみました。
もし良ければ見てやってください。



『まだ見ぬ「あなた」へ。

たぶん、黒髪が似合って、笑うと歯がこぼれて、座ると背筋がピンとなる「あなた」へ。

まだ出会っていないので、あなたとの思い出話はありませんが、あなたに語りたい事はたくさんあります。
自分があなたをどれだけ待ったか、自分があなたの事をどれだけ考えたか、自分があなたを探す為どれだけ街を歩いたか。
あなたの事ばかりですね。僕は自分のエピソードが多い人間ではないんです。
ですが、ほんの少しだけ、面白い事を言ったり考えたりできる自信があります。
ですから、あなたの話を聞きたいです。
どんなつまらない話でも構いません。僕があなたの話を面白おかしく作り変えてみせます。
そしてあなたを笑わせます。約束です。
きっとあなたは笑顔が似合う人だろうから。


まだ見ぬ「あなた」へ。

どこにいますか?

意外と近くにいますか? 今は遠くにいますか? ひょっとして外国ですか?
年上ですか? 年下ですか? 好きな食べ物はなんですか?
なにで笑いますか? なにで泣きますか? 女ですか? 男ですか?
まず確認ですが人間ですか?
ひょっとして猿ですか? 牛ですか? 蝶々ですか? 河童ですか?
というか生きてはいますか? 命はありますか?
人形ですか? ロボットですか? 人型の壁の染みですか?
誰かが描いた油絵の中のワンピースを着た少女ですか?


なんだっていいです。
なんだっていいから早くあなたに会いたいです。


あなたを喜ばせるために、僕は今からなにができるでしょうか?

髪は伸ばした方がいいですかね。肩まで伸ばすのだって平気です。
(切るのはいつでもできますからね)
お金は貯めておいた方がいいですよね。僕にはなかなか難しいのですが。
(年収が低いんです。すみません。低いんです)
少し恥ずかしいけれど、あなたを笑わせる為にモノマネとかも練習しますよ。
(『寿司のわさびが想像以上だったアントニオ猪木』に挑戦中です)
ところでチンコはどうしましょう? イチゴ柄の刺青とか入れますか?
(女の子はイチゴが大好きなのでしょう?)


ああ、あなた。まだ見ぬあなた。

あなたに会う日が楽しみで楽しみで仕方ありません。
僕は待ってます。あなたのために待っていたんです。
ここまで来たんだから最後まで待ちます。ヤケクソなんかじゃありません。
人が何を言おうと知りません。したたかな顔のアドバイスなんか聞きません。
北方謙三が何を言おうと関係ない。殴ってやります。
もう会った段階で何か言う前にまず殴ってやります。
ソープなんか行くか。あなたがいいんだ。
僕は最初は、あなたがいいんだ。


まだ見ぬ「あなた」へ。

あなたの事は何一つ知らない僕ですが、
1つだけわかっている事があります。
あなたの名前は「希望」といいます。
僕にとっては、そうなのです。


僕はいつまででも「あなた」を待っていますからね。


追伸:いつまででも待ってはいますが、いい加減頭おかしくなりそうな予感もします。
なので、可能ならば早め早めに連絡頂けると助かります。それでは。』