文芸ヌー

まもるべきものはなにもない。文芸ヌー。

g-udon

書き出し自選・g-udonの5作品(g-udon)

夏は股間が痒くなる、とは、かの太閤秀吉の名言としてあまりにも有名ですが、このムレムレ感は現代の日本に置いてもたいへん深刻な悩みです。先日も何やらジャズっぽい音楽がしつこくリピートするドラッグストアで、ムレムレ対策の市販薬を見つけて、買おう…

グラビアポエム 第七回 (g-udon)

「いっ、きゅー、さーーーーん!」 「はーーーーい」(ダミ声で) 「あれっ?ホントに一休さんなの?」 「さよちゃん、声変わりじゃ。いつまでも子どものままじゃいられんのじゃよ」 「えーーっ。わたし、そんな声した一休さんイヤっ!」 「(髑髏を投げつけ…

グラビアポエム 第六回 (g-udon)

最近白髪が増えて困っているg-udonです。髪の毛や髭ばかりか鼻毛まで白くなりがちで、どうもこのままでは後輩社員からの爺い扱いが酷くなりそうなのと、あとピチピチギャル(古語)にそっぽ向かれそうなので、染めてもらおうと一大決心をし、近所のヘアーサ…

グラビアポエム 第五回 (g-udon)

g-udonです。先日、転勤で東京に移り住んでから初めて近所の銭湯に行ってきました。サウナ室は10人も入れないくらいの小さな空間で、中央に腰掛けるやいなや続々と常連客の老人集団が入ってきて私を取り囲み四方山話をはじめました。傍から見ると完全に私が…

グラビアポエム 第四回 (g-udon)

「パトラッシュ・・疲れたろ・・僕も疲れたんだ・・・。何だかとても眠いんだ・・・。ねえパトラッシュ・・返事して・・・あれっ?・・・こ、これはただの丸太!!! 奴め、変わり身の術を使いよったか!」・・・はい、というわけでg-udonです。激動の2016年…

グラビアポエム 第三回 (g-udon)

「おなか水天宮~!」はい、お馴染みの神社ギャグが決まったところでこんにちは、g-udonです。2016年も明けてまだ1カ月チョイなのに芸能ニュースで逆におなかいっぱいです。もうこれ以上無理です。消化しきれません。狩野英孝の恋人がどうだのも含めて助け…

グラビアポエム 第二回 (g-udon)

師走の慌しさって一体何なんでしょう?そして胃腸薬のCMは何であんなにテンション高いのでしょう?謎。さて、第二回グラポエです。 初回を終えたあたりから「いいグラポエとは」についていろいろ考えてました。そして導き出されたひとつの答えは、「憑依度合…

グラビアポエム 第1回(g-udon)

グラビアポエムとは、青年誌とかでよくあるアイドルグラビアなどの脇にひっそりと佇む、ほとんどの人が気にも留めない三文ポエムのこと。そんな糞ポエムでも、読めば意外に味わい深かったり、面白かったりするのです。このコーナーではそんなポエムに光を当…