文芸ヌー

生活に負担のないブンガクを。 文芸ヌー

小説

六人の女たち(小夜子)

店に入ると既に全員揃っていた。私の椅子だけがぽっかりと空いている。彼女たちは遅れて入ってきた私をチラと見て、相変わらずねと嫌味を隠さず口にした。「その遅刻癖、直したほうがいいんじゃない」 私が椅子に座るための隙間を作ってくれながら、髪の長い…

文学に夢中作左衛門(ボーフラ)

rt { font-size: 12px; } div.fntbfr h1 ruby > rt { font-size: 20px; color:green; } div.fntbfr{ font-size: 20px; color: #000; font-family: Georgia,游明朝,YuMincho,HGS明朝E,メイリオ,Meiryo,serif; font-weight: normal; 40px; } div.bofurawriter{…

道子さん家の通夜で(ボーフラ) #小説

香典ドロボーは、もうひとりのあたし。 香織は、心の中でそう確かに呟いた。声に漏れてしまったかも知れなかった。山岸家の通夜において、香織は香典受付をやらされていた。故人の山岸徹の妻、道子の友人という関係性で、香織は数十年来の付き合いだった。道…