文芸ヌー

生活に負担のないブンガクを。 文芸ヌー

2015-12-27から1日間の記事一覧

にちようび(TOKUNAGA)

美しい女の実家の焼き飯を想像するのが好きだ。 日曜の朝の特撮は、ベータ録画の澄み切った青空に丁度レイヤーの構造で、僅かばかりの曇りを乗算し、だいたい82年頃と見当がついたわけです。ズボンがやたら青い少女が、やたら灰色のコンクリートの道路を歩い…

もういちど神木隆之介を見に行った(山本ゆうご)

クラスの中で私の娘だけが茶髪だ。娘から聞いてた状況とは違い、真面目なスタイルの生徒達でクラスは埋まっていた。ピアスも娘だけだ。 娘は退屈そうに窓の外を見ている。参観日であることはお構いなしだ。学校に行ったふりをして休んでいたことを思えば、教…

書き出し自選・大伴の5作品(大伴)

書き出し小説の作家が自身のオススメ作品を紹介する「書き出し自選」。第三回のご指名をいただきました大伴(おおとも)と申します。本業は大伴亮介という名でイラストなどを描いております。お仕事ください。よろしくお願いします。偶然にも第三回つながり…

自由律に散文(xissa)

風呂が沸くまで後悔している/ ひとりのほうに歩く

特別対談 織田信長×ニート( 正夢の三人目)

信長 「どうも。今日はよろしくお願いします。」ニート 「よろしくお願いします。いや~、緊張しますね(笑)」 信長 「そうですか?」ニート 「だって有名人ですから。色々と噂も聞きますし。」 信長 「どうせ悪い噂でしょ?(笑)」ニート 「いやいや。で…

グラビアポエム 第二回 (g-udon)

師走の慌しさって一体何なんでしょう?そして胃腸薬のCMは何であんなにテンション高いのでしょう?謎。さて、第二回グラポエです。 初回を終えたあたりから「いいグラポエとは」についていろいろ考えてました。そして導き出されたひとつの答えは、「憑依度合…

飛 訳 ~第2回 “Let it be.”~ (suzukishika)

夏目漱石が"I love you"を「月が綺麗ですね」と訳したように。あるいは、戸田奈津子のアクロバティックな字幕のように。 「飛訳」とは、簡単な英文をいかにジャンプして訳せるか、それだけにフォーカスして楽しもうじゃないかという新しい文芸形式である。 …

当時の私 (天久聖一)

煙突のない私の家に、サンタクロースはいつ、どのように訪問したのか?クリスマスイブの翌朝、当時五歳の私は、内容的にはそのような質問を母にした。 「朝方かなあ、玄関でお母さんにこれ渡して帰っていったわ」 「ほんだら、お母さん見たん?」 「見たで」…