文芸ヌー

生活に負担の少ないブンガクを。 文芸ヌー

2018年12月のおしながき

文芸ヌー第14号

カーブミラー(不眠)

ヘッドライトが雨に濡れたアスファルトに乱反射している。 山の峰から程なく、見通しの悪い下り坂の急カーブは、今まで何台の車を飲み込んできたのだろう? 真下に広がる湖を眺めながら次に飛び込んでくる獲物を物色していると、丁度良いタイミングで、一台…

店の名は(吉田髑髏)

#作文 #吉田髑髏どーも、こんにちは!バッバーン!バロンで〜す!YouTuberさせてもらってます……………カット!カット!!掴みがイマイチだよなー!どうするよー!ググってみるかー。スマホに向かって叫んでは頭を掻き毟る。男の名はバロン小柳。本名、田中学。2…

思い出し笑い(もんぜん)

思い出し笑いしている人を見るのが好きです。なんで笑っているのか、その人の頭の中を覗きたくなります。そこで実際に聞いてみました。みんなの思い出し笑いしちゃう話。 ○Mさんの思い出し笑いしちゃう話小学生のとき、中南米の国名を答えるテストがあった。…

奇跡(紀野珍)

「お父さん! 見て! お母さんが!」「ああ、奇跡だ。ミツコが目を開けてる……!」「……あなた、マユミ……。どうしたの、ふたりともそんなに泣いちゃって……」「お母さああああん!」「ミツコ! よかったな! よかったな!」「ほっほっほ。見てのとおり、おぬし…

願いが叶った話 (紀野珍)

行き交う人を見ると雨があがっているようだったので、傘をたたんで角を曲がる。ジュンヤくんのおうちがある、車一台が通るのがやっとの狭い道。そこにお母さんがいた。駆け寄って背中を叩く。「ああびっくりした。なによテッペイ。いま帰り?」「うん」「い…

学級会(ボーフラ)

「それでは、学級会の歌を歌います」 みんなの目配せが、ヨシオの周縁に集まる。ああ、まただ。ヨシオは恥ずかしさでいっぱいだった。ヨシオの兄が作詞作曲した、学級会の歌をまた、学級会の終わりに歌わなくてはいけない。先生がオルガンを弾いて、学級会の…